クコの実はダイエットにも期待することができる

豊富な栄養素が多く含まれており、その数は100種類以上と言われているのがクコの実。美容や健康だけではなく、当然ダイエットにも期待を持てる食品となっています。その理由を知り、効率が良い食べ方を身に付けましょう。

脂肪を燃焼させ、満腹感を感じさせる食品

ビタミンB2を代表とするように、糖質や脂肪を代謝する機能を持つ栄養素が豊富に含まれていますので、それだけでダイエットに効果をもたらすことに期待できるでしょう。ただ食べるだけでは残念ながら効果はありません。運動を取り入れて、カロリー摂取量に気を付けて、クコの実の効力を用いると良いでしょう。

また食物繊維が豊富に含まれています。食べることによって水分を吸収し、満腹感を得られる効果も。また食物繊維は腸に働きかけ、便秘の解消に役立ちます。便秘が良くなればダイエットにも効果があり、それだけではなく腸内環境が良くなることで、美肌効果にも表れるきっかけとなるでしょう。相乗効果を期待できます。

コレストロールを下げるだけではなく女性に嬉しい効果も

クコの実にはβ―システロールという成分が含まれています。これはコレステロールの吸収を阻害する効果があることから、もちろんダイエットにも効果を期待することができるでしょう。またそれだけはなく、動脈硬化や脳疾患、心血管疾患の天敵にもなっていますので、生活習慣病の改善にも貢献できます。

またβ―システロールはコレステロールの吸収を邪魔するだけではなく、女性ホルモンのバランスを整える効果も持っています。特に月経前症候群PMSや更年期障害に悩んでいる女性の方には、とっておきの食べ物になります。また血液をサラサラにしますので、それだけで新陳代謝が上がり、痩せやすい体になるでしょう。

ダイエット効果があるクコの実の食べ方

基本、そのまま食べても構いません。汚れが気になるのであれば、水洗いしてヨーグルトなどに入れてから食べると良いでしょう。ドライフルーツの類にように言われていますが、そのような甘みもなく渋みを感じたり、無味で食べた気がしないような人も多いです。だからこそ飽きないためにも工夫をした食べ方を推奨します。

何かに混ぜるのが一番良い食べ方になるでしょう。デザートであったり、味が濃い料理にも合います。もともと薬膳食品になりますので、料理との相性は抜群です。とても栄養価が高い食品になることから、食べ過ぎには注意しましょう。1日10粒ほどを目安に食べることで、効率よく体に栄養を補給できます。